オープン2周年を迎えました

2014/9/1をもって、コワーキングスペースYou+は2周年を迎えました。

この2年間には様々な苦境があり、乗り越えてこられた陰には多くの方のご利用、ご支援、叱咤激励があったお陰です。
重ね重ねお礼申し上げます。

カウンター

オープンから独立まで

少しだけ過去のことを書きますと、You+は2012/9/1に南武線・武蔵中原で産声を上げました。私がコワーキングスペースというものを知ったのは、その半年から1年くらい前だったと思います。既にシェアオフィスやレンタルオフィスはありましたし、私自身も共同でオフィスを借りたり、他社のオフィスに机を借りていたこともありましたが、それとは全く別の理念で運営されているコワーキングスペースというものに魅力を感じました。

私の本業は初期投資はほぼ不要で、維持費も限りなく少なく、在庫を抱える必要もありません。それが理想だと考えてはいますが、それを上回る魅力や利点があると感じたのです。しかし、出店や運営にかかる費用を試算してみましたが、一歩踏み出す脚が重くなる程度には負担があることが分かりました。

いくつか空き店舗を巡っていた時、知り合いから声がかかり、既存のお店の使っていない時間帯を貸して頂けることになり、初期費用や回転資金を抑える形でスタートすることができました。どの業態でもそうですが、箱を揃えるには初期投資が必要で、維持費もかかります。在庫を抱える商売は、さらにそのリスクを背負うことになります。
最初にコワーキングスペース(だけではありませんが)を始めるにあたり、間借りという選択肢は今でもアリだと思っています。確かに色々な制約があります。営業時間もそうですし、物の置き場所、既存店のイメージ、意見の押しつけなどもそうです。しかし、採算がとれるか怪しい場合に、必要なものから揃えていくこともできますし、ノウハウを貯めて行く時間も確保できるからです。

カウンター席
2013/4/1に武蔵小杉の別の店舗へ移転し、それから1年間運営をしました。徐々にお客様も増え、色々な刺激も頂きつつ、お客様に成長させて頂いた1年となりました。

2014/4/5、新丸子にて間借りをやめ、独立移転し、今に至ります。実店舗での期間という意味では、まだ5ヶ月でしかありませんが、この5ヶ月の間にも多くのことがあり、何とか2年を迎えることができました。
3年目を迎え、益々、コワーキングスペースが提供し得る役割が広がり、明確になってきているのを感じる今日この頃です。

2014-05-24

コワーキングスペースとは何か

おそらく、お客様の鏡・拡大鏡なのだと思います。普通に考えれば、単なるスペースでしかありません。しかし、その中に飛び込んで来られた方を映し、拡大する鏡の役割をするものだと思うのです。やりたい事を抱えて飛び込んでいらっしゃっても良いですし、控えめに楽しい事の周囲にいても良いと思います。

「使い方が分からない」というご意見も多々耳にします。新しい概念や形態なので、当然のことと思います。定型的な使い方はありますが、どういった使い方を提供できるのかと、私の方でも悩む場合があります。その中で思い至ったのは「限界を決めているのは自分なのだ」という事です。

sgrc_main

今は新丸子ゴールデンルートクラブを通じて、様々な年代層の方に存在を知ってもらい、価値を知ってもらう時期にいます。「こんな使い方はできるのか?」「こんな事をやりたいのだけど」。ご意見や要望をお知らせください。You+はお客様の「やりたい」を応援し、お客様と共に成長していきます。私の「やりたい」を支えてくださった方々と同じ様に、私もその想いに可能な限り応えます。

長文にお付き合い頂きましてありがとうございました。
今後ともコワーキングスペースYou+を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Tags:


コメントはできません.