Kalita 細口ポット 1.2L買いました

Kalita 細口ポット 1.2L

先日の記事で、コーヒーポット(ドリップポット)を探していたのですが、最終的にKalitaの細口ポット 1.2Lを買いました。
ので、数日使った使い勝手なんかを書いてみようかと思います。

実物を見て触ってみないと、実際にどんなもんなのか分からんという事で、購入前に渋谷のハンズに行って、いくつかのポットを触ってきました。
他に実物のあった製品は、「Kalita ドリップポット600S 【ステンレス製・茶こし付き】 600ml #52039」や「ハリオ コーヒードリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV」だったと思います。
0.7Lのものもありましたが、意外と小さく、一日に何度も沸かす事を考えると大変そうだなと感じて、1.2Lのものにしました。

まず、細口という事で、お湯の量を調整するのは思ったより簡単でした。傾ける角度によって多めに出す事もできますし、何の不満もありません。
Amazonのレビューにも書かれていますが、取手や蓋は、コンロにかけた後では熱くなっているので注意が必要です。取手に関しては、コンロの火を小さくして、取っ手を少し離した位置にずらせば、だいぶ軽減できました。

蓋は熱いです。これは回避不能かなと思います。布巾を使っても、薄手だと熱くて危険です。
また、火力が強いと、注ぎ口からお湯が噴き出します。おそらく細く伸びている注ぎ口の下部でお湯が高温になってしまい、上に上がって来るのだと思います。

手元にIHヒーターがあったので、最初は強火で、途中からは中火・弱火で温める事で吹きこぼれもなく、取手も熱くならずに使用できています。

また、上部の口は広く、大人でも手が入るので、洗うのも楽です。

という事で購入を考えている方の参考になれば。

Tags:


コメントはできません.